Information

原発問題に対するSFJの見解と今後の取り組みについて

t's_sho-004

原発問題に対するSFJの見解と今後の取り組み

東京電力福島第一原子力発電所が引き起こした放射性物質の漏出事故は、長い将来にわたって自然界に甚大な影響を与える恐れがあります。このことから、サーフライダーファウンデーションジャパンは、原子力発電を段階的に廃止し、世界的な脱原発社会の実現を求めるものとします。脱原発社会実現へ向けて当組織の取り組みは以下の通りです。

「大量生産・大量消費・大量廃棄」を見直し、環境負荷の少ない健康的で持続可能なライフスタイルを提案していきます。

自然界への影響を精査した上で、自然再生エネルギーの普及を支持し、原発への依存度を低減するよう求めていきます。

頻繁に海に入るサーファーのライフスタイル、私たちの健康的な生活を維持する目的で、各地の水質調査活動を支援します。

国際環境NGO サーフライダーファウンデーションジャパン

  • LINEで送る