Interview

INTERVIEW 善家誠 / 善家尚史

日本プロサーフィン連盟の草創期メンバーである父・善家誠さんと、現在もトッププロとして現役で活躍する息子・善家尚史さん。ともに湘南・鵠沼で生まれ育った善家親子は、世代を超え日本の海を見守ってきた。サーファーならではの目線で捉えるビーチの未来とは?

unnamed-2

善家誠・善家尚史 / 写真 横山泰介
湘南・鵠沼海岸をホームポイントとするプロサーファー親子。誠さんは日本サーフィン界のパイオニアであり、稲村クラシックの前身である「ナガヌマ・クラシック」の初代チャンピオン。尚史さんは現在31歳。昨年には、JPSA公認プロ10年目にして初優勝を獲得。

SURFRIDER FOUNDATION JAPAN (以下SFJ )
尚史さんがサーフィンを始めたのは、やはりお父さんの影響ですか?

尚史 そうですね。最初に海へ連れて行ってくれたのは父でしたから。ただ、その頃にはもう父が現役を引退していたので、サーフィン姿を見る機会はほとんどなかったです。僕も小学生の時にはサッカーや子役活動をしていたので、まさかサーフィンをやるとは思ってなかったんですよね。

SFJ じゃあサーフィンを始めたのは、結構遅かったんですね。

尚史 はい。本格的には始めたのは中学校1年生の夏です。当時1ヶ月ほどドラマの撮影があって、学校や部活にも行けない日々が続いていました。そうなると、同級生の輪にも入り込めなくなって…。そんな時、たまたまサーフィンに連れていってもらい、「なんだこのスポーツは!?」ってなったんですよね。

SFJ 誠さんが始めたきっかけは何だったんですか?

誠 私は学校が湘南学園だったので、友達の影響ですね。その後、プロ連盟ができたので、自己申告してプロの道へ。当時は「なる」って言えば、なれる時代でしたから(笑)。

SFJ 尚史さんもプロになって10年。昨年を振り返ると、すごく良かったですよね。

unnamed-5
地元鵠沼海岸で開催されたオールジャパンプロにて見事優勝! Photo / 市川 紀元

尚史 そうですね。去年が良すぎたって感じですよね。その前までは本当に底辺だったので、「やっと日の目を見れた!」って思いました。実は引退を考えていたので1戦目も出ず、ゆっくりやっていこう、と決めてたんです。

SFJ それが逆にリラックスしたサーフィンを実践できた理由かもしれないですね。ところで、尚史さんっていつもヒートが終わるたびにビーチクリーンをして上がってきますよね。普段からそうなんですか?

尚史 はい。海から上がる時には毎回やってます。やはり歳を重ねるにつれて、自分がどれだけ幸せな状況でサーフィンができているのかを理解できるようになり、海への感謝の気持ちが強くなりました。その上での自分なりの答えです。ある人から「海に感謝を覚えれば、あなたは本当にもっとうまくいくわよ」と言われたのもきっかけですね。あと、ミック・ファニングをバリで見た時、ゴミを拾って海から上がってきた光景にも強い衝撃を受けました。それからは、海に入る時はお辞儀をして、上がったらお礼をする。この動きもやらないと、逆に気持ち悪いです。

unnamed-4
1戦目をスキップしたにもかかわらず、2016年JPSAランキング4位で終了した。Photo / 市川 紀元

SFJ 誠さんの世代はどうだったんですか?

誠 そういうことは全くしてなかったですね。ゴミ掃除には参加してましたが、当時の鵠沼海岸ってもっとゴミだらけでひどかった。全然気にしない時代だったから、今、写真を見ると愕然としちゃいますよ。だから、意識って大切ですよね。20年でこんなに変わるんですから。

尚史 鵠沼はゴミ箱もあるので、海上がりに少しでも拾ってほしい。それを200人がやれば、毎日どれだけ拾えるんだろう。って思いますね。

SFJ お二人はサーファー親子の先駆け的存在でもあると思うのですが、お互いに影響し合うことはありますか?

尚史 あんまりないですね。アドバイスを聞くことも少ないです。お互いのサーフィンに全く関わってないんです、本当に(笑)。

誠 同じようにプロサーファーになることも望んでなかったですよね。やらせようともしなかった。二人でサーフィンの話をするようになったのもこの2、3年ですよ。最近は、新島にも毎年一緒に行きますよ。

尚史 JPSAで60歳以上の部があるんですよ。僕の試合は2年連続ダメなので、親父の保護者みたいなもんです(笑)。

SFJ 素敵な話ですね。これから湘南は特に3世代目っていうのがスタンダードになってくると思うので、ちゃんと海の環境を残していくことも大切ですね。

尚史 そうですね。サーフィンは海があってこそできるスポーツ。だからその海に感謝して、サーフィンを続けていきたいと思います。人間が勝手に作ったものによって、砂が来なくなっちゃったりしているわけだから、テトラを入れたりだとか、そういう自然の姿を壊すことはもうやめてほしい。海と多く触れ合うサーファーだからこそ、自発的に態度で示していきたいです。

誠 サーフィンはとても素晴らしいスポーツ。これからも続けられるように、ビーチを守っていきたいなと思いますね。

unnamed-1
この日の鵠沼海岸にゴミは少なかった。

unnamed-3
海の大切さを肌で感じていることは、私たちサーファー共通の意識。

unnamed
SFJで保管しているビンデージボード、Zenkeモデルにメッセージを頂きました。

unnamed-6
次世代に少しでも良い環境を残こすこと。意識を繋げていくことが大切だと実感しました。

執筆者  
  • LINEで送る

logo_kikinn
当サイト掲載インタービューは独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金の助成を受けて制作しています。