Activity Report

かながわプラごみゼロ宣言、発動!

190205環境計画課_くじら_プラごみ_汎用マ

サーフライダーファウンデーションジャパン(SFJ)は神奈川県の「かながわプラごみゼロ宣言」に賛同し、県行政と賛同企業と共に、取り組みを開始します。

海洋汚染が今、世界規模で大きな社会問題となっています。2018年夏、鎌倉市由比ヶ浜でシロナガスクジラの赤ちゃんが打ち上げられ、胃の中からプラスチックごみが発見されました。

SDGs未来都市である神奈川県は、これを「クジラからのメッセージ」として受け止め、持続可能な社会を目指すSDGsの具体的な取組として、深刻化する海洋汚染、特にマイクロプラスチック問題に取り組みます。

プラスチック製ストローやレジ袋の利用廃止・回収などの取組を、市町村や企業、県民とともに広げていくことで、2030年までのできるだけ早期に、リサイクルされない、廃棄されるプラごみゼロを目指します。また、こうした取組を通じて、SDGsを多くの方々に「実感」していただけることを期待しています。

IMG_9048

190205環境計画課_くじら_プラごみ_汎用マ

1.コンビニエンスストア・スーパーマーケット・レストラン等と連携し、プラスチック製ストローやレジ袋の利用廃止や回収などの取組を進めていきます。

2.県内で行われる環境イベント等において、プラスチック製ストローやレジ袋の利用廃止や回収などを呼びかけていきます。

3.海岸利用者に対して、海洋汚染の原因となるプラごみの持ち帰りを呼びかけていきます。

IMG_9063
神奈川県議会議員近藤大輔、SFJ代表理事中川淳、神奈川県知事黒岩祐治、藤沢市議会議員佐賀和樹

写真撮影 市川紀元