クラウドファンディング

バヌアツサーフボード寄贈プロジェクト

こんにちは!
サーフライダーファウンデーション・ジャパン・アンバサダーの武知実波です。
私が住む南国徳島にもようやく冬が到来する時頃になりました。

バヌアツ集合写真

さて今日私が皆さんにお伝えしたいお話は、ある楽園のお話です。

皆さんはバヌアツ共和国という国をご存知でしょうか。
人口約26.5万人(2015年、世界銀行)。83の島々から成る島嶼国で、2006年には「地球上で最も幸せな国」に選ばれた国です。

バヌアツと私たちを繋げてくださったのは、私の住む阿南市在住で、以前青年海外協力隊としてバヌアツに滞在されていたある女性。
去年その方が偶然サーフィンスクールを受けに来てくださったことが全ての始まりでした。
現地ではサーフィンができる場所は多く存在するが、経済的理由によりサーフボードを手に入れる事が困難な子どもたちが多くいるというお話を聞きました。

以前からサーフィンの普及やサーフボードの寄贈に興味があった阿南市サーフィン連盟会長と共に、今年の春に約2週間、連盟の一員として現地視察に赴きました。

バヌアツ未開の波

コナンライディング

到着するとそこにはガジュマルが雄大に生える土地、そこらじゅうに成るフルーツ、そして息をのむほど美しい、海。
街から車で20分ほど走ると背後にあった賑わしい気配は消えていて、目前に広がる海と、そこで楽しそうにサーフィンに興じる人々たちがいました。
しかし彼らのボードを見てみると、折れたボードをテープで巻いて使用していたり、ボードの代わりに木ぎれを使っている子どもたちもいました。
しかし、皆本当に楽しそうなのです。忘れていたものを突如思い出すような感覚になりました。

バヌアツ子ども

そしてこの地に、1本のサーフボードを通して子どもたちに夢と希望を与えたい、そして彼らの生活をサーフィンを通してより豊かなものにしてほしいという思いを抱き、それを実現化するため、帰国後バヌアツに100本のサーフボードを贈る『バヌアツサーフボード寄贈プロジェクト』に着手しました。

また本プロジェクトはSFT認定事業です。
SFTとは2014年から2020年までの7年間で開発途上国を始めとする100カ国・1000万人以上を対象に、日本国政府が推進するスポーツを通じた国際貢献事業。世界のよりよい未来をめざし、スポーツの価値を伝え、このムーブメントをあらゆる世代の人々に広げていく取組みです。
参照元:SPORT FOR TOMORROW
SFTとは >>> https://www.sport4tomorrow.jp/jp/about/

Banner-120by60-2

現地ではバヌアツサーフィン連盟が非常に協力的で、また彼らは環境問題に対する意識が非常に高い点が印象的でした。
例えば今回私たちが参加したLeimalo Surf Festivalの開会セレモニーではプラスチックゴミを用いたオブジェを飾っていたり、大会ではペットボトルではなくボトルを配布し、ビーチにウォーターサーバーを設置してプラスチックゴミを最小限に抑える努力が見られました。

バヌアツオブジェ

ボトル

また今年の夏、バヌアツではスーパーのレジ袋、プラスチック容器、プラスチックストローが全面禁止となりました。
プラスチックストローの禁止は国としては世界で初めての試みだそうです。
圧倒的な日本との差に唸ったと同時に、バヌアツに対して想定以上の可能性と魅力を感じました。

バヌアツの彼らの生活は非常にシンプルで、基本は自分たちの生活に必要な分だけを自然から戴くという、古来から続く持続可能な生活の在り方を実行しているのが彼らなのです。
このようなバヌアツの彼らの生活を考えると、今回バヌアツにサーフボードを寄贈することはただのサーフィン普及ではなく、「持続可能社会の実現」を達成するものだと期待を寄せています。
サーフボードを持ち、海を自分のフィールドと認識したとき、サーファーは自分たちのフィールドを大切に、健全な状態で維持したいと思います。
今回のプロジェクトを機にバヌアツの彼らがサーフボード1本を通してより生活の質を向上させた先には、地域発展と子どもたちへの正しいサーフィン普及と継承を見込むことができると信じています。
そしてそこから、今度は私たちが自然と共生するヒントを彼らから得る番なのです。

今は多くの皆さんにプロジェクトを知っていただき、サーフィンやバヌアツのことを広く深く知ってもらうために拡散活動に努めています。
また今回の輸送にかかる費用をまかなうため、クラウドファンディングを開始します。
2018年12月10日(月)11時から2019年1月31日(木)まで募集をします。
その後2019年3月中に輸送し、2019年4月中旬にバヌアツ・ポートビラにて開催されますLeimalo Surf Festivalのオープニングセレモニーにて贈呈式を行う予定です。
是非多くの皆様に私たちの一歩をご支援いただければと思います。

ready for フライヤー

ページは以下リンクからご覧ください。
https://readyfor.jp/projects/vanuatu-anan-surfing

wall_logo_img-76e418a28a41429799f9004d4be28017b2d703c1b09d168a9bceb750646dddf2

またインターネット以外の方法でお振り込みを希望される方は直接下の連絡先までお問い合わせください。

阿南市サーフィン連盟 武知
徳島県阿南市桑野町花坂81-29(LES内)
mail: anansurfing@gmail.com
電話: 0884-26-1563

日本から渡す1本のサーフボードに、皆様の夢と期待を託してください。
是非ご支援ご協力を宜しくお願い致します。

武知実波
Facebook: https://www.facebook.com/minami.takechi
Twitter: https://twitter.com/minamitakechi
Instagram: https://www.instagram.com/minamitakechi/

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

SFJアンバサダー、阿南市サーフィン連盟の武知実波です。
1月31日23時をもちましてクラウドファンディング募集が終了し、
¥1,125,000のご支援金が集まりプロジェクト成功となりましたことを
ここにご報告させていただきます。

ご支援くださった皆々様に連盟一同感謝申し上げます。
本当にありがとうございました。
ご支援金はサーフボード輸送費をはじめプロジェクト実施のための経費として
大切に使用させていただきます。

執筆者