Information

稲村ガ崎下水流出の件、松尾 崇 鎌倉市長からのお知らせ

平成28年5月10日

サーフライダーファウンデーションジャパン様へ

鎌倉市長 松尾 崇

稲村ガ崎における圧送管破損事故への市の対応について

今回の事故に関し、市民の皆さんにご迷惑、ご心配をおかけして申し訳ありません。

4月22日に下水の圧送管が破損して以来、やむを得ない措置として、消毒処理をしたうえで坂ノ下の西部ポンプ場東側から、下水を一時的に海に放流せざるを得ない状況になっています。

この破損箇所は、管の下側の地盤が不安定となっているうえ、稲村ガ崎の崖が崩れる危険性が高いことから、破損した圧送管の修復には時間を要する状況です。

このため、緊急措置として4月29日未明に仮設の送水管を国道134号海側歩道上に設置し、七里ガ浜処理場への送水を回復いたしましたが、現時点ですべての量を送水することができない状況です。

市としましては、同日以降連日、送水能力の増強手段について複数の案を並行して検討し、現在は送水管の増設等について、実施に向けた手続きを進めているところです。現時点では、具体的な工程まではできていませんが、早急に着手するよう全力を尽くしております。

また、材木座から稲村ガ崎にかけて、10カ所程度の水質検査を毎日実施し、その結果を皆様にお知らせしていますので、ご理解とご協力をお願いしたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

本件に対して、以下の対応が実施された。

5月4日実施、SFJ水質調査の結果報告

鎌倉市下水管破損による汚水流出、付近の水質調査を緊急実施

5月14日、鎌倉市からのお知らせ(緊急)

由比ヶ浜の滑川河口付近で基準を超える大腸菌群数が検出されました

5月27日、鎌倉市からSFJへ仮設工事完了の報告

稲村ガ崎下水流出の件、仮設管工事完了のお知らせ