インフォメーション

SAVE KATOKU – 日本の残り少ない手つかずの自然の砂浜を守りたい

Surfrider Foundation Japanは、Save The Waves Coalitionと連携し「奄美の森と川と海岸を守る会」が現地で行う奄美大島・嘉徳浜の保全活動に賛同し、UNESCOの世界自然遺産登録の評価機関であるIUCNに対し以下の声明文を届けました。

奄美の森と川と海岸を守る会

Save The Waves Coalition

■ 声明文要旨

Surfrider Foundation Japanは「奄美の森と川と海岸を守る会」より、唯一護岸がされていない最後の自然のビーチ嘉徳浜の砂丘と河口を進行中の護岸工事から守るための活動への参加要請を受けました。

気候変動による打撃もあるなか、現在や将来の住民の安心安全な生活のために、高潮や将来起こり得る津波への対策が必要不可欠であることは理解しています。しかし、現在の護岸計画は、奄美大島が世界自然遺産に登録される際に高く評価された嘉徳の手つかずの貴重な生態系を、永久的に破壊する可能性があります。それは世界自然遺産の目的と矛盾するものです。

したがって、私達は、護岸建設計画の再考し、嘉徳やその周辺の自然環境を守りながら災害リスクを減らすための代替手段が実行されるよう、IUCNが(当該組織に対し)提言することを求めます。IUCNとUNESCOが、この問題を世界自然保護基金をはじめとする世界中の環境NGOと共有し、各組織の意見や専門性によって対話がなされることを強く求めます。

私達はこれまでに行われた嘉徳の自然を守るための活動から学び、世界的な自然破壊について世界に呼びかけていかなければなりません。

SFJ Letter to IUCN-20210706

嘉徳浜は、時を超え、古来の自然美を今に伝えることから「ジュラシックビーチ」とも呼ばれます。奄美大島内の公共ビーチで唯一護岸がされておらず、最後の自然のサーフ・エコシステム(地形や動植物と人間との関係を象徴する波をとりまく生態系)となっています。

鹿児島県は、この浜に高さ6.5m、全長180mの護岸建設を計画しています。護岸は、自然に形成された砂丘の上に建設予定で、砂丘の生態系及び嘉徳川の自然の流れを妨げます。計画が着々と進んでいく最中に、11,640 haの奄美大島の土地が、UNESCOにより世界自然遺産に登録され、嘉徳浜と嘉徳川は緩衝地帯として組み込まれました。護岸建設は、世界自然遺産の登録によって保護、保全しようとしている自然資源と手つかずの完全なエコシステムに対する脅威となります。

また、嘉徳浜の素晴らしい自然は、アマミノクロウサギなどを含む固有種や絶滅危惧種の聖域でもあります。IUCNのレッドリストに「深刻な危機」(Critically Endangered、極度に高い絶滅の危機にある)とリストされるオサガメの上陸産卵が日本で唯一記録されている場所でもあります。リュウキュウアユは環境省が絶滅危惧IA類(CR)に指定する固有種で、嘉徳川下流に生息し、淡水と海水を行き来します。

浜に流れ込む嘉徳川はUNESCOの世界自然遺産登録の評価機関であるIUCNにより、「奄美大島で最後の自然の流れを残す川」と認められました。SFJはWWFなど他の環境保護団体にも連携を求め、貴重な嘉徳浜の原生的な砂浜と付近一帯の景観の保護を訴えます。

SFJ 代表理事 中川 淳

KatokuJapan_STWCampaign_RiverEcosystem_1

THE SURFNEWS >>> https://www.surfnews.jp/feature/knowledge/47687/

執筆者